アルファロメオファンのみなさま、こんにちは。

全国的に見ると西日本は、とても暑くなっていて東日本はこれから本格的な暑さがといった感じですね。
7月 日の「アルファロメオ147 夏の車内暑さ対策」の記事は非常にアクセス数が多かったので、本日は「夏の車内暑さ対策 第二弾」でいきます!

※車内暑さ対策#1
ステップ1 助手席の窓を全開にする!
ステップ2 運転席側のドアを開け閉めする! え?たったこれだけ・・・なんです。
車内の温度が50.3度の状態から運転席側のドアを5回開閉すると・車内の温度は35.5度まで下がりました
実験をした動画がありましたので掲載しておきますね

※管理人は窓を全開にして走行して熱い空気を逃がしてます(笑)

※車内暑さ対策#2
ステップ1 窓を全開にする
ステップ2 エアコンの空気循環を「外気」に切替をする。約1分から2分 風量は全開
ステップ3 窓をすべて閉めてエアコンを「内気」に切替えをする

まとめると・・・
助手席の窓を全開にしたら、運手席側のドアを5回ほど開閉したのち、全ての窓を開けて、エアコンを外気循環モードに設定しながら風量全開で1分から2分走る。その後、窓を全て閉めてエアコンを内気循環モードへ切替て終了です。
管理人のアルファロメオ147でも試してみましたが結構効果はあります。さらに駐車場などへ止めておく際に、フロントガラスへサンシェードを設置したり、塗れた雑巾でダッシュボードなどを拭くと、さらに車内温度をさげる効果が期待出来るでしょう!
リヤガラス廻り3面に管理人は黒いフィルムを張っています。これもかなりの効果がありますよ。
それと、長時間停車をしてエアコンを使っていると水温が上がり気味になってくるので注意が必要です。

さぁ!暑い夏を乗り切りましょう!